カテゴリー別アーカイブ: ローン

ボーナスで返すって

週末アウトレットに行ってきましたー!もう秋物いっぱい出ていて、ほしいものいっぱいあったよ!!今年の秋は黒が流行るのかな?私、黒ってあんまり持ってないけど、黒って合わせやすいし嫌いじゃないから、いろいろほしいよ~。
ふわふわのファーがついたサンダルとかあって、ほんと買うかどうするか悩んじゃった。でも、子供の習い事も増えたし、お金がないよ~(ノД`)・゜・。
今年は車検もあったんだよね。前回が3年だったから、来年だと思っていたら、2回目からは2年で車検なんだ~。最低でも10万は用意しなきゃいけないよね、ほんと、お金足りないよ~。せめて車検が1か月あとならボーナスで何とかなったんだけどなぁ。って、今年のボーナスってどうなのかな?怖くて聞けないよ。もう、割り切って、車検の分はキャッシングしちゃおうかな。ボーナスで返すってきめて、車検分だけのキャッシングなら後の負担もないだろうし。
ってことで、バーゲンになったら、もう1回アウトレットに行くぞ~!

借金

離婚の原因の上位に相手の借金問題が上がってくるそうです。一昔前は借金問題での離婚と言えば男性側に問題があるケースがほとんどだったそうですが、今では女性側の借金が原因で離婚になるケースも少なくないそうです。私の離婚の原因も借金でしたが、うちは相手の借金が原因で離婚しました。元々お金にだらしないなと思っていたのに、なんとなく結婚してしまったのがダメだったんだと今となっては思います。借金グセっていうのは治らないものなんですね。別に私は借金が悪とは思っていません。必要なお金を借りることは別にいいと思うんです。でもそれが返済可能な金額を超えての借金であったり、全く無計画でただ遊びたいからとか買い物をしたいからとか言う理由での借金は問題があると思います。私の元夫の借金はまさにそんな借金でした。最初はクレジットカードのキャッシングでお金を借り始めて、あれよあれよという間に借金が膨らみ、その内にカードローンでもお金を借りるようになっていたらしく、気が付けば借金が200万円異常に膨れ上がっていました。結局は返済が不可能になり、自分の親に泣きついて全額返済をしてもらっていました。今後もこの様な事が続いては困ると思い、離婚しました。

少額だけを借りて

不況が続く中、カードローンを利用する人が増えてきているようです。カードローンとは個人向けの小口の少額融資で即日融資専用のキャッシュカードを利用してお金を借りる形態の物をいいます。カードローンを利用する目的で一番多いのはやはり交際費・娯楽です。結婚式、忘年会、新年会、送別会、ゴルフコンペ、旅行・・・この世はお金がかかることが沢山あります。しかも付き合いで断れないことも沢山あるのです。お金がないからと断れればいいのですが、そうもいかない場面は山ほどあります。お金がないが断れない、そうなったらお金をなんとか用意するしかありませんよね。そんな時にカードローンが利用されるのです。ですからカードローンで一度にお金を借りる金額は10万円以下だと言われています。少額だけを借りて返してまた借りて返してというように一度カードローンを利用すると継続的に利用する人が多いのも特徴のようです。カードローン専用のキャッシュカードでATMからお金を引き出せるのでとても簡単にお金を借りることができるのです。ですからお金を借りているという感覚が薄いこともこの継続的な利用になる一因でしょう。しかしきちんと返済をしているのであれば上手に利用するのは問題はないと思います。利息はかかりますが、返済を短期で終わらせればそれほど高額の利息になることもありません。

何故カードローンだったのか?

私の友人がその友達にエステに行きたいのでお金をかしてほしいって
言われたらしいんです。
は?エステに行きたいから?って言って断ったらしい。当たり前です。
実際その友達は別の友人から紹介されたけれども、なんとなく変わっているなと
思っていたんだそうです。
でその後そのエステさん(これから先はエステさんと呼びます)がどうしたかというと、どうやら消費者金融のカードローンでお金を借りたらしい。
エステのためにカードローン、まあそんな人もいるんでしょう。
エステならクレジットカードでも支払いができると思うんだけど、
何故カードローンだったのか?
クレジットカードを持っていなかったか、クレジットカードの審査に通らなかったか。
クレジットカードの審査に通らなくてもカードローンの審査は通るのか?
と勝手な想像をしていますが。
で無事にエステには行っているらしいけれども、そのカードローンの返済に困っているらしい。
そりゃあそうですよね、もともとお金がないのにカードローンなんかしても
返済できる宛があるとは思えませんから。しかもその使い道がエステ。
せっかくエステに行っても、中身がそんなんなので、彼氏はいないらしい。
そりゃあそうでしょ、そんな彼女は嫌ですもん。

カードローンの返済

カードローンの返済を延滞した場合のリスクとデメリットは、借入先の金融機関・貸金業者、そして個人信用情報に延滞したことが記録されることです。
事故情報とは金融取引に関するトラブルを表したもので、俗にいうブラックリストです。滞納による事故情報の登録は最終取引日から数えて5年~10年目が時効です。
一番気になるところは、1回でも延滞してしまうと、そのブラックリストに載ってしまうのか?ということだと思います。ブラックリストは、返済を3ヶ月滞納しなければ大丈夫です。1回~3回程度の延滞であれば、「何か事情があって振り込めなかったのかもしれない」と配慮してくれるところが多いようです。なので数日程度の延滞ならあまり心配する必要はありません。ただし、そうは言っても延滞を何度も繰り返していると、カードローン会社からの信用が低下し最悪の場合、カードが返済専用になり限度額がゼロになってしまう可能性がありますので注意が必要です。
またカードローンの返済を延滞すると、返済日に遅れた日数分だけ迷惑料が発生します。この迷惑料が「遅延損害金」です。カードローンの遅延損害金利率は、銀行も消費者金融も大体一律20%に統一されています。
カードローンでお金を借りている人で、今すぐお金を作る方法を探る人は多いですね。
私自身もお金を借りるまではかなり迷いがあったのですが、どうしてもお金が足りなくて困っていたので、思い切ってカードローンでお金を借りる事にしました。
カードローンの申込方法は色々あるみたいですが、私はネットで申し込みをしました。すでに切羽詰まっていた私は、出来ればその日中にお金を借りたかったので、ネットでカードローンの申し込みをしてから、消費者金融の無人契約機に行ってカードを受け取ってお金を借りました。
後から知ったのですが、振り込みキャッシング対応のカードローンなら、カードが無くても、自分の口座にお金を振り込んでもらって、お金を受け取る事も出来たんだそうです。

おまとめローンを行うことで

おまとめローンというのは複数の場所から
借入しているローンをどこか一つに一括して管理するというものです。
おまとめローンの利点としてはまず借入残高の確認がしやすいということです。
借入を行っている金融機関がバラバラだとどうしても残高の合計を計算することは難しいですし、確認のための電話をしていくうえでも別々の場所に連絡をしなければいけない手間が発生してしまいます。
しかし、おまとめローンだと借入の場所が少なくなり、状況確認を簡単に行っていくことができます。
また金利を下げれるチャンスというのも大きなメリットです。
おまとめローンの金利は新しく借入を行う機関によって左右されますが、自分の状況が好転して社会信用があるという状態になれば低金利である銀行のおまとめローンを行うことで金利を減らして返済総額を減らすことができます。