カードローンの返済

カードローンの返済を延滞した場合のリスクとデメリットは、借入先の金融機関・貸金業者、そして個人信用情報に延滞したことが記録されることです。
事故情報とは金融取引に関するトラブルを表したもので、俗にいうブラックリストです。滞納による事故情報の登録は最終取引日から数えて5年~10年目が時効です。
一番気になるところは、1回でも延滞してしまうと、そのブラックリストに載ってしまうのか?ということだと思います。ブラックリストは、返済を3ヶ月滞納しなければ大丈夫です。1回~3回程度の延滞であれば、「何か事情があって振り込めなかったのかもしれない」と配慮してくれるところが多いようです。なので数日程度の延滞ならあまり心配する必要はありません。ただし、そうは言っても延滞を何度も繰り返していると、カードローン会社からの信用が低下し最悪の場合、カードが返済専用になり限度額がゼロになってしまう可能性がありますので注意が必要です。
またカードローンの返済を延滞すると、返済日に遅れた日数分だけ迷惑料が発生します。この迷惑料が「遅延損害金」です。カードローンの遅延損害金利率は、銀行も消費者金融も大体一律20%に統一されています。
カードローンでお金を借りている人で、今すぐお金を作る方法を探る人は多いですね。
私自身もお金を借りるまではかなり迷いがあったのですが、どうしてもお金が足りなくて困っていたので、思い切ってカードローンでお金を借りる事にしました。
カードローンの申込方法は色々あるみたいですが、私はネットで申し込みをしました。すでに切羽詰まっていた私は、出来ればその日中にお金を借りたかったので、ネットでカードローンの申し込みをしてから、消費者金融の無人契約機に行ってカードを受け取ってお金を借りました。
後から知ったのですが、振り込みキャッシング対応のカードローンなら、カードが無くても、自分の口座にお金を振り込んでもらって、お金を受け取る事も出来たんだそうです。